2007年01月05日

新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年末年始と、飲みまくり記憶失いまくりの日々でした。
さて仕事の方は今日から仕事始め、気を引き締めていきます!

ここでは言ってなかったんですが、PS3買いました。
BDのタイトルを2タイトル購入して、後はゲームを3本ほど。

そこでPS3にむかついた事。

買ったタイトルはモーターストームとリッジレーサー7とレジスタンス。
レジとリッジ7はオンライン対戦対応だったんですが、モーターストームがオンライン対応じゃなかった事。
次世代次世代と騒いだり、ネットワーク標準搭載とか宣伝しておきながら、デフォでオンライン対応じゃないっつーのはあまりにも片手落ちじゃないか?
北米版(こっちはオンライン対応)の発売が3月となってる事から、日本向けに急いで用意したのは容易に想像できる。けど、オンラインは後日対応とか、そういうフォローが公式にも全く無いのはちょっとやる気の無さを感じる。
また、発売直前にフラゲ情報からFFB未対応(GTF-RX、GTFPには対応)が分かったので購入しなかったF1ChampionshipEdition。これについてもオン対応じゃない。
まぁこれについても急いで出したという感じなのかもしれないが、FFB未対応・オン未対応ってのはどういう事ですかね。後日出る海外版ではFFB及びオン対応するんだろうけど、急いだにしてもあまりにも未完成品すぎる。
発売から2ヶ月で多くを求めすぎか?

SONYがPS2と同様、オンラインについては舐めてかかってるという事なのだろうか?正直これならXBOXLIVEみたいに定額課金ありで、きっちりオンライン対応してくれた方が、こっちとしてはありがたい。無料で提供するというスタンスはすばらしいと思うけど、こうも中途半端では、はっきりいって迷惑この上無い。
後日でもいいので、パッチなどの対応策を出してもらわなければ、PS3のF1を買う事は無いだろうな・・・。
日本市場軽視なSONYのスタンスがここまではっきり出てくるとは思わなかったよ・・・。未完成品でお茶を濁して、日本のユーザーがついてくると思うなよ!!SCE!!今年こそユーザーに対して期待を持てる一手を出してくれる事を期待したい。

逆に良かった事、感動した事。
まずはゲーム。購入したゲームの中で一番感動したのはモーターストーム。
車の躍動感、そして動的にコンディションが変化するトラック。そして車両のダメージ表現。全てに措いて次世代を感じさせる内容でした。
トラックの動的な変化は感動します。泥地などタイヤ跡がつくのですが、それが立体的に変化するのは凄いです。例えば1LAP目と2LAP目の路面コンディションが変わるという事です。わだちが出来てハンドルが取られたりします。
また、Havokによる物理表現も感動です。車体が一体成型ではなくパーツの組み合わによるものなのだと実感させられます。特に大破した時などは、シャシーからバンパーが剥がれ、サスペンションアームが飛び散り、ドライバーが空を飛びますw。
しかし、このゲームで一番感動した事は、確かに大味なゲームという印象が強いですし、よくバーンナウト3とかと同じ系列かと思われますが、レースゲームとしては何気に正統派です。ダートラしか無いという事とダメージ表現が派手・ブースト有り・ドライバーが空を飛ぶwなどの演出からそういう印象が強いのかと思います。俺も最初はそういったゲームと同じものだと思っていました。しかしプレイしてみて、GTHD同様路面に張り付き気味なのは違和感ありますが、きちんと操作できないとクラッシュ・コースアウトしますし、ゲームに車が制御されているような違和感(レールの上を走らされているような感じ)も感じられません。また車の重量感や接地感を強く感じられる事も感動します。
残念な点として、オンライン未対応・ゲームモードが少ないなど挙げればキリが無いですが、PS3の発売済みゲームの中では、かなりの良ゲーだと思います。
PS3持っていて、まだプレイしていない人は一度プレイしてみてはいかがでしょ。

またBru-rayDiscの映画のハイビジョンには感動の一言。
うちみたいなプロジェクター環境の大画面だからこそハイビジョンの恩恵は大きいです。まだMPEG2のビデオしかないですけど、赤の色の締まりは凄く良いと思いました。
また、チャプターリストを動画を見ながら検索できるのも良い所。DVDなら一度チャプターメニューに飛ぶところですが、BDの場合はそれが無いのでストレスが無いです。特にエ○ビ○オなどでは、ヌ○どころに瞬時に飛べるのが(略

以上新年早々のPS3雑感、グチでした。
今年も色々よろしく!
posted by gonzo_kool at 10:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。今年もよろしく〜!

最後の最後でいらんことを・・・w
Posted by AKR at 2007年01月05日 17:33
あけましておめでとうございます!

HD映像で見るエ○はさぞかし素晴らしい体験でしょう(殴

PS3、というより最近のSCEは何がしたいのかよくわかりませぬ。
「PS3時代を目指します」 ハァ?
ってな感じですね。
Posted by takaryo at 2007年01月06日 17:11
>AKRさん
こちらこそよろしく〜〜。
昨年は東京行きの時お世話になりました。
あの時買ったPCはすこぶる調子が悪い・・・・・。
早くもPC買い換えたくなってきた!

最後のエ○は、実はPS3というかBD普及の為の必須アイテムなので、あなどれませんよ?w

>takaryoさん
どもども〜。
ずいぶんとLFSから遠ざかってるgonzoです。
HD映像というよりも、チャプターリストなどの利便性向上の方が俺的には感動したっすねw
で、PS3の事ですが、何がしたいのかは明確で、「リビングの中心にPS3を」だと思います。それが「PS3時代」なのかなーと妄想しておりますが、まぁ現状ではそれは難しいだろうという印象がありますね。価格もゲーム機としては高いですし、DVDで満足しちゃってる家庭が大半だと思うので、BD再生機能が一般層の購買欲を掻き立てるか?というと疑問です。TVの録画再生機能実装したモデルが出てくれば、面白いかも。
今後は現状のゲーム機に対するイメージへのブレイクスルーがどこかで必要なのかなーと思います。
日本市場においては、1〜2年後にPS3市場は面白くなっているかもしれません。コストダウンによる値下げや、BDJavaを使った、インタラクティブ映像コンテンツなどなど。もともとPS3自体のポテンシャルは凄く高いので、今後どういったゲームが出てくるか期待感は強いですよ。
そんな俺はKillZone2とEyeToyを使ったゲームに大期待しています!
Posted by gonzo_kool at 2007年01月10日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。